Search

転職で働くうえで知っておきたい基礎知識

近年、自分の条件や能力に合わせて自由に仕事ができる「転職」というスタイルが定着してきました。転職スタッフを迎え入れる企業側にとっても、欲しい時に欲しい期間だけ即戦力を確保できるので、受け入れ態勢もより整ってきました。今後ますます多くの人が社会で転職として働くようになるでしょう。しかし、多くの人は転職についてまだ知らないのではないでしょうか?今回は転職で働こうと思っている転職初心者のための基礎知識をご紹介しましょう。

簡単に言うと人材転職とは(転職会社X)に所属するAさんがXに紹介された(職場Y)で働くことです。つまり(雇用契約を結ぶ会社=X)と(実際に働く会社=Y)が異なるため、仕事に関しては職場Yが指揮・命令を下す権限を持ち、給料は雇用契約を結ぶXから支払われます。まず契約した一定の転職期間で働いた後に、結果や人材が評価されていれば契約更新という形で働き続けることも可能です。

人材転職といってもいくつかの種類があり、仕事の紹介され方も違ってきます。
<仕事に迷っているならコレ!一般労働転職>
まず代表的なのが人材転職会社に登録し、自分のスキルや仕事に対する要望にぴったりな職場が見つかった時だけ転職会社と雇用契約を結ぶ一般労働転職です。転職期間も短期からの募集が多く、自分の希望に合った仕事を具体的に探すことができ、まだ具体的にやりたい仕事が見つかっていない人には向いているタイプかもしれませんが、転職先を見つけないと雇用契約を結ぶことができないので、その間給料が入ってこないことがデメリットとして考えられます。早めに転職先を決める必要があるので、いくつかの転職会社に登録する必要があるでしょう。
<専門職に就きたいならコレ!特定労働者転職>
転職先を見つけないと雇用契約を結べない一般労働者転職に対して、仕事の有無に関係なく正社員同様に転職会社と雇用契約を結べるのが特定労働者転職です。専門性の高いスキルを必要とし、長期的な仕事の案件が多いので、自分の進路が固まっている人や専門職に就きたい人に向いていると思います。
ただ、仕事の幅が狭く契約のハードルも高いので、専門的なスキルを持っていない人や自分の進路に迷いがある人には向いていないかもしれません。

<いろんな経験が積みたい人>
まだ自分に合った仕事を見つけられない人や色々な仕事に挑戦したい人は転職で働くことで経験や人脈を得ることができるでしょう。
<臨機応変で適応力のある人>
転職されてからすぐに仕事で結果を出していかなくてはいけないので、どんな場や人にもすぐに適応できる人が向いていると言えます。コミュニケーション能力が重要になってくるでしょう。
<自分のプライベートも確保したい人>
仕事ばかりでなく、自分の時間も確保したい人にも向いている働き方です。職種によっては働きたい期間を条件として仕事を選べますし、週の勤務日数なども交渉することができます。

© 成功転職ダイアリー . All Rights Reserved.