Search

「辞めたい」の転職から「~をしたい」の転職に意識を変えて行動しなければ行けない訳とは?

企業に所属して働いていれば誰しもが多かれ少なかれ仕事を辞めたくなったり、別の仕事をしていたら自分はどうなっていたのかといったこと考えたことがあると思います。しかし仕事を辞めたくなったとからという短絡的な理由だけで転職を考えてしまった場合、失敗する可能性が非常に高いといえます。そこで今回は「辞めたい」の転職から「~をしたい」の転職に意識を変えて行動しなければならない訳を話していきたいと思います。

「辞めたい」の転職からは何も生まれない

まず辞めたいという理由だけの転職からは何も生まれません。辞めたいという理由は、人それぞれで辞めることはけして悪いことではありませんが、「辞めたい」が優先順位で一番にきている転職はその先のことを見据えていないことになります。
そのことから「辞めたい」の転職は非常に危険なものといえます。

目標が無い転職は失敗する

上記で話した通り「辞めたい」が一番にきている転職は先を見据えていないことになり、先を見据えていないということは目標などたてられるはずがありません。目標が定まらないとどんな仕事をしたいのか、どんな感じになっていきたいのかも自己分析できず転職活動自体も進んでいきません。まずはどんな仕事がしたいのかということや給与が多く欲しい、休日が多い仕事がしたいなど、どんなことでもよいので、目標をたてましょう。

そのことを踏まえてどうすれば良いのか

では上記2つのことを踏まえどうすれば良いのか話していきたいと思います。辞めたいと思ったらまず、辞める前に今後の目標を定めておくことです。上記でもはなしましたが「辞めたい」だけの転職は上手く行きません。そのことからまずは「辞めたい」という意識の転職から「辞めた~をした」といったポジティブな転職に意識をかえましょう。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが「辞めたい」の転職からは何も生まれず、転職は上手く行かないので「辞めたい」から「辞めて~をしたい」の転職に意識を変える取り組みをしていきましょう。ネガティブなスタートからはネガティブな思考にしかなりません。まずはポジティブな考えからスタートして転職活動をより良いものにしていきましょう。

© 成功転職ダイアリー . All Rights Reserved.