Search

いろんな転職理由!元銀行マンはどこに転職した?

有名大学を卒業して、それから銀行へ・・・
そんな絵に描いたようなキャリアプランでも、なぜか銀行から違う業種へ転職する人も多いのです。

なぜ、銀行から転職したのでしょうか。
普通なら、もったいなくて転職しないはず。と思っていませんか。

さらにいい役職を求めて

東大から、とある有名銀行に入行した人がいます。
しかし、その人はわずか2年で転職しています。
その転職先は、外資系のコンサルティング会社。

銀行で出世するには、相当に苦労が多いようです。まさに、一時期ブームになった半沢直樹ほどではありませんが、それに近いものはあったようですね。
出世できれば地位も名誉も確実、ですが、それまでにはかなりの努力と知略が必要となるでしょう。

そういう争いに疲れたとも言っていました。

有名塾講師も実は銀行マンだった

いま、テレビでも有名になっている有名塾講師の人。あの人ももともとは銀行マンだったようです。
銀行を辞めて、一時期はフリーター生活へ。
いろんな塾で塾講師をしながら、東進という超進学塾の講師にも挑戦。
自分には「教えることしかない」と思って、塾講師をライフワークにと決めたようです。

どんな有名な銀行からでも転職はある

有名な銀行、有名な企業に入社すれば生活も安泰、転職なんてしないだろうと思ってはいませんか。
そんなことはありません。やはり、その銀行や企業のシステムが合わなかったり、自分の望んでいた働き方出なかった場合は、転職する人も出てきます。

せっかく苦労して入ったんだから、と周りに言われるかもしれません。自分でももしかすると、そう思っていませんか。

たしかに、たとえ合わなくても、もったいないからといって我慢して務め上げるひともいるでしょう。
それもまたひとつの選択です。
しかし、我慢するぐらいなら転職して改善したい!というのも、ひとつの選択なのです。

たとえ転職したとしても、その有名な銀行や企業に一度は入社したという実績は残ります。それはとても大きな武器になるでしょう。
転職を考えているならば、自分が求める仕事と、今いる場所を比べてみてもいいかもしれませんね。
自分が求める仕事に天秤が傾けば、転職を考えてみてはどうでしょうか。

© 成功転職ダイアリー . All Rights Reserved.