Search

転職にあたりこの資格を取得しよう!第2種電気工事士の魅力とその特徴

転職するに過去の実績やスキルなども重要になりますが、資格を持っていることも転職を成功させる要因の一つとなります。しかし資格といっても取得しようと思えば取得できるものは沢山あり、どれを取得すればいいのか分からない人もいると思います。そこで今回は数ある資格の中から第二種電気工事士免除にスポットを当てて、取得すると転職にどんなメリットがあるのか話していきたいと思います。

需要が高いということ

まず電気というのは、水やガスと同じようにライフラインの一つであり、人間が生活する上で欠かせないものでこれから要らなくなることなど無いことから、自ずと電気に関係する第二種電気工事士免除は需要が高いといえます。この第二種電気工事士は電気配線から電気設備を点検するのに絶対に取得が必須であり、これを取得していると様々な電気関係の仕事へ携わることができるので、転職先のバリエーションが増えることに繋がります。

比較的試験が簡単

電気と言われると様々な専門知識が必要となり、それらに関連する資格を習得するのは難しいのでは無いかと思う人も多いと思いますが、第二種電気工事士免除取得は比較的に簡単な無類に入ります。
試験は専門知識を必要とする筆記試験と図面を見ながら配線をする実技試験の2つに合格しなくてはなりませんが、比較的メジャーな資格の為、毎年対策本が発売され独学で勉強することもできます。また実技試験に関しては一般財団法人電気技術者試験センターで試験問題候補が発表され、試験当日その中から問題が出る為、事前に対策や練習をすることができるので筆記も実技も試験当日も出に慣れておくことができます。

求人票の応募条件に多い

電気系や機械系の仕事に関しては応募条件の一つとして第二種電気工事士免除を持っていることを条件に掲げている企業も少なくはありません。これは電気や機械には法的に資格や配線技術が必須になる為で、いくら技術や知識があっても資格がなくては応募することもできません。またこの資格がなくても大丈夫な仕事でもこの資格を持っていることで最低限の知識や技術があるという基準的な要素で判断している企業もあり、取得しておいてマイナス面が無い資格と言えます。

ここまで色々と話してきましたが電気は生活をしていく上で必要不
可欠なものであり、これから先を見据えても必要無くなることはありません。その為、この資格を取得し転職することができれば仕事への需要が少なくなることもなく、安定した業界へ転職することも可能になります。

© 成功転職ダイアリー . All Rights Reserved.