Search

20代での転職

転職をするということは同業種であれ他業種であれ新しい環境にうつり、新しいことを始めるということです。
そういった変化というのはやはり若いうちの方が順応しやすいのは確かですし、これから様々な能力を身に着けていくにあたって、スタートとなる年齢は若いに越したことはありません。
とは言え20代なんてまだまだ若造。ヒヨッ子です。転職前の会社での経験すら積みきれていないのもまた事実なんですよね。

就職して最初にいろんな人から「まず3年は続けなさい。」と言われたことのある人は多いのではないでしょうか。
働き始めて最初は自分の思っていた仕事とは違ったり合わないと感じたりしたとしても、勤めていくうちに人間は慣れていくものだし、そもそも3年も続かずに辞めてしまうというのはやはり転職時においても印象が良くありません。
転職することを前提に仕事を選ぶ人はあまりいませんし、まずは初心を忘れずがんばってみましょう。
とはいえ、転職をするならできるだけ若いうちにした方がいいというのもまた事実で、実際20代と30代とでは仕事の数に大きな差があります。
スキルを身に着けキャリアアップしていくためにも早めの転職は良いことなので、転職をしようと決めたのなら3年できちんと能力を見に着けたうえでキッパリと辞め、次のステップに踏み出していくのがいいでしょう。
3年間ただ勤めるのではなく、そこからきちんと自分の実になるものを得ていくことを忘れずに。

転職とは人生において大きな選択の一つです。転職の先にしっかりとしたビジョンを持ったうえで行動に移すことが大切です。
転職を通じてどうなりたいのか?収入を増やしたい、キャリアを積みたい、自分の本当にやりたかった職業に就きたい。こういった漠然とした理由をしっかり掘り下げ明確なものにしていくことも転職の準備の一つと言えるのではないでしょうか。
20代での転職は1回目と2回目とでは成功率が大きく違います。専門的な資格や技術を要する仕事はさておき、企業としても長く勤め利益を作ってくれる人材を求めているわけだから、当然のことです。
「今回が最後の転職」極端な話、これくらいの気持ちで転職活動に臨むべきでしょう。

かくいう私も転職経験者。転職をしようと思う理由やきっかけはひとそれぞれですが、そこからどう行動に移していくべきかについては人それぞれの差はあまりないのでは。と思っています。
今の職場でしっかりと成長し、次のステップへ踏み出すための力をため込みましょう。そして次のステップをどこへ踏み出すのかをしっかりと見極めましょう。転職なんて、人生にそう何度もできるものではありませんからね。

© 成功転職ダイアリー . All Rights Reserved.